セミナー ミスを防ぐ原稿チェックと校正のキホン

プロの編集・校正者に学ぶ

広報誌でもWebでもちょっとしたチラシでも,
情報の送り手側に立ったなら,あなたはもう責任ある編集者.
たったひとつのミスでも会社の損失・信頼・評価に関わってきます.

ミスを未然に防ぐ原稿・校正刷のチェック法や,進行をスムーズにさせるコツなど,
プロの編集・校正者がさまざまな場面で活かせる仕事術を伝授します.

こんな媒体にたずさわる方におすすめです

広報誌・会報・社内報・プレスリリース
パンフレット・DM・会社案内
Webサイト・メールマガジン
研修・セミナー資料
約款・マニュアル

概 要

講 師 五十嵐 美那子(いがらし みなこ)[略歴
日 時 2018年11月2日(金) 次回の開催をお待ちください
13:15~17:45(講義4時間/休憩30分)
場 所 日本エディタースクール
講義回数 1日集中
定 員 30名(最低実施人数15名)
受講料金 一般=15,500円(税込)
常設講座の受講生・修了生割引=8,640円(税込)
テキスト 「校正記号の使い方 第2版」 500円(税込)
持ち物 筆記用具,国語辞典(電子辞書可)

カリキュラム

1.ちょっとした間違いが命取り ~情報の送り手としての心構えと校正の必要性~
制作のプロセスとあなたの立ち位置の確認
あなたの元に届いた原稿・・・どんな危険が潜んでいるか
Wordで作成した原稿,それは未完成なもの

2.プロの目のつけどころ ~赤字引き合わせ・素読みとは~
チェックすべき点
漢字変換ミス・入力間違いはこんなところで起こりやすい
どう読んでいくか――表や図,写真,色,事実関係・・・

3.あらためて校正のキホンのキ ~自己流の赤字は他人に通じている?~
基本の校正記号,赤字の入れ方
“引き合わせ”は,読むのではなく確認する!
実際に原稿・校正刷をチェックしよう
どんな問題点を見つけるか,それをどうやって書き表すか
直してほしいイメージをどのように伝えるか
絶対に直すべきか,執筆者に確認をとるべきか

「他の校正セミナーとの違いは?」

■「校正1日教室」との違い
「校正1日教室」は未経験の方にもわかりやすく,出版物の校正を体験する要素が強い教室です.

■「企業印刷物の校正テクニック」との違い
担当講師と使用教材は異なりますが,かなり近い内容です.
「企業印刷物―」の次回開催日は未定となっております.

受講生の声

・心構えを含め,校正を体系的に学ぶことができた.
・実際の印刷物を使った講義で,誤植が起こりやすいところなどがわかり,ためになった.
・我流でやっていたが,一般的な校正のスタイルが理解できた.
・さまざまな業種の方とお話しできたことが良い経験になった.
・執筆者の文章をどこまで直すかが不安だったが、基本的な考え方がわかった.

講師紹介

五十嵐 美那子(いがらし みなこ)



編集者・校正者
図書出版生活思想社代表.日本エディタースクール昼間部修了.日本経済評論社,旧・白石書店などで人文・社会科学書の編集を担当.その後,フリーの編集・校正者として人文・社会科学書,ファッション誌の校閲などに携わり,1995年生活思想社を設立.


セミナー申込