書評・紹介記事検索(Books)刊行図書目録自費出版ご注文方法お問合せプライバシーポリシーPDF

こちらは日本エディタースクール出版部のページです
扉のむこうの子どもたち 分野:絵本・児童文学・子ども論

行きて帰りし物語
キーワードで解く絵本・児童文学

斎藤次郎著
(サイトウ・ジロウ)


ISBN4-88888-370-X C0095
四六判並製316頁
定価 本体1900円+税


ご注文はこちら

 書評・紹介記事
●一覧はこちら→
■著者に会いたい「若者たちも「深いよねえ」」(「朝日新聞」2006年10月1日(日))
 二十数年前,本屋さんで立ち読みした本にこうあった.「幼い子が喜ぶお話には単純な構造上のパターンがあって,それは『行って帰る』ということではないか」(瀬田貞二 『幼い子の文学』) (中略)
 「刺激的でした.子どもの本て,そういうことだったか!って」.感動した斎藤次郎さんは,以来子どもの本の世界に,たくさんの「行きて帰りし物語」を見つけてきた.「ぼくは教育評論家.児童文学者じゃない.でもだんだん自分なりの『行きて帰りし物語』を書いてみたくなって」この一冊に.(中略)
 「冒険にでかけて,帰ってくる.成功もすれば失敗もする.その積み重ねで子どもは自己像を刷新してゆく.それが自分への自信につながる」.「行って帰る」とは,成長することなのだ.「だから,自分と自信を見失う,思春期の子どもたちにも届けたい」.講師をつとめる日本エディタースクールで取り上げると,最初は引き気味の若者たちも,谷川俊太郎の絵本『あな』に,しみじみ「深いよねえ」とのってくる.
 「子どもとはなにか3部作」を構想中で本書はその第1部.あとは『鬼ごっこの研究』『サンタクロースの正体』.タイトルは決めてある.

■(「東京新聞」2006年9月24日(日))
旅や冒険にせよ,家出や迷子にせよ,子供が好んで読むファンタジーや昔話は,今ここの場所を飛び越えて,変化や不思議さに満ちた非日常の場所に行き,そこから帰還する物語が多い.〈桃太郎〉〈ヘンゼルとグレーテル〉〈ふしぎの国のアリス〉などから,少年少女らが成長の過程で,出会いや自分探しなどの新しい経験を重ねる精神史を読み解いた,斬新な児童文学論.

 概 要

〈行って帰って〉何が変わったのだろうか?
常に子どもの目線,立場にたって発言をしつづけている著者が,児童文学論を学ぶ学生たちと共に,広く親しまれている子どもの本を読み込み,子どもの本に内在する精神を浮き彫りにする.(2006.8)

 目 次

●絵本と幼年童話
探究者アンガス──「アンガスとあひる」「アンガスとねこ」「まいごのアンガス」
もうひとつの世界に──「かいじゅうたちのいるところ」
制度からの脱出──「いやいやえん」「おしいれのぼうけん」

●昔話
鬼と出会う──「桃太郎」「一寸法師」「こぶとり爺さん」
追放の森──「ヘンゼルとグレーテル」

●ファンタジー
竜退治の冒険──「ホビットの冒険」
不思議の国、夢の国──「ふしぎの国のアリス」「鏡の国のアリス」
あちらとこちら──〈ナルニア国ものがたり〉

●リアルな小説
家出は「私探し」──「クローディアの秘密」「ぼくがぼくであること」
ジャズの国へ──「ジャズ・カントリー」

●再び絵本
元の木阿弥──「ぼくを探しに」「あな」
牛を求めて──「はじめてのおつかい」「十牛図」


 著者紹介

 著書
 行きて帰りし物語
 扉のむこうの子どもたち
 続・扉のむこうの子どもたち

くわしいご注文方法はこちらをご覧ください

  定価合計1500円未満 定価合計1500円以上
代金引換の手数料/送料 530円 230円



書籍注文フォーム
 ※は入力必須項目
 ※フォームでご注文いただくと,お支払いは代金引換のみとなります
 ※ご注文後の流れはこちらをご参照ください(別ウィンドウが開きます)
■書名・冊数
行きて帰りし物語
(定価 本体1900円+税)商品No.370
■追加注文
 書名・冊数

*ほかにご注文がございましたら書名と冊数をご記入ください.
例)校正記号の使い方2冊
■氏名(漢字)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■氏名(かな)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■勤務先名称
*会社からのご注文の場合はご記入ください.
■メールアドレス
*返信用(携帯不可)
(半角)
*こちらのアドレス宛に確認・返信のメールをお送りします.
お間違いのないようご注意ください.
■郵便番号 (半角)
例)101-0061
■住所
都道府県からお願いします.

例)東京都千代田区三崎町2-4-6 古室ビル8階
■電話番号 (半角)
例)03-3263-5892
■メールニュース 送ってもよい  不要
■連絡事項
控えを送る(送信元へ写しを送信)

ご記入いただいたメールアドレス宛にご注文確定のメールをお送りします.


↑ このページのトップへ


出版部へ