書評・紹介記事検索(Books)刊行図書目録自費出版ご注文方法お問合せプライバシーポリシーPDF

こちらは日本エディタースクール出版部のページです
分野:出版実務

デジタル原稿の編集技能
Wordを使った原稿編集のノウハウ

小林敏著(こばやし・とし)
日本エディタースクール編


ISBN4-88888-355-6 C2000
B5判・並製・112頁
定価 本体1,200円+税



 概 要

デジタル化された文字原稿や画像原稿の扱い方と,マニュアルにはないWordを使った新しい原稿編集の方法を解説!
今日の書籍や雑誌の編集現場では,デジタル化された文字原稿や画像原稿の扱い方の把握は常識になっています.本書では,Wordを使っての原稿編集の方法を解説します.
(2005.5)



 著者紹介

小林 敏(こばやし・とし)
日本エディタースクール講師,日本エディタースクール出版教育研究所副所長.
1943年静岡県生れ.日本規格協会電子文書処理システム標準化調査研究委員会WG2 (組版)幹事として“JIS X 4051(日本語文書の組版方法)”の拡張案作成に参画.
〔編集・執筆した主な書籍〕“新編 校正技術”“新編 出版編集技術”“標準 編集必携 第2版”(いずれも日本エディタースクール出版部),他.
〔講座〕“デジタル原稿編集コース”日本エディタースクール
〔短期セミナー〕“原稿編集1日教室”日本エディタースクール



 目 次

1 デジタル原稿編集の基礎知識
1.1 原稿の電子化と原稿編集
1.2 デジタル原稿の基礎―文字データと画像データ
1.3 原稿の準備と組版
1.4 原稿編集のツール
1.5 原稿編集に関連する用語

2 テキスト原稿の一般的な編集技能
2.1 電子データを受領し,読む
2.2 読みやすいプリントアウトの作成
2.3 原稿編集の一般的な注意点
2.4 テキストデータの修正
2.5 コメントと変更記録
2.6 検索と置換
2.7 校正支援機能を用いた原稿の点検
2.8 電子データの形式を整える
2.9 Webや電子辞書を使う

3 テキスト原稿の各要素の編集
3.1 目次の作成と見出しの点検・整理
3.2 引用・注・表組原稿の点検と作成
3.3 索引作成の方法
3.4 組版用の記号を入れる

4 画像データの編集技能
4.1 画像の利用と配置
4.2 画像原稿のデジタル化の方法
4.3 画像データの形式と読む方法
4.4 組版で使用できる画像データの作成

5 データの交換
5.1 電子データを交換する
5.2 電子メールを利用する
5.3 原稿段階での文字データの交換
5.4 原稿段階での画像データの交換
5.5 校正刷などの電子データの交換

付 Word操作の基礎知識
1 文字書式と段落書式
2 スタイルの利用



 関連書籍

原稿編集ルールブック 第2版 日本エディタースクール編
『原稿編集ルールブック 第2版』
原稿編集のためのパソコン操作の基礎知識 日本エディタースクール編
『原稿編集のためのパソコン操作の基礎知識』
  デジタル原稿の編集技能


ご注文はこちら


■オンライン書店で購入する
紀伊国屋書店ウェブストア
丸善&ジュンク堂
  ネットストア

hontoネットストア
Amazon.co.jp
セブンネット
楽天ブックス

原稿作成・原稿編集・組版・DTP・デザイン・校正に 500円シリーズ

本の知識


校正練習帳(1)
タテ組編

校正練習帳(2)
ヨコ組編

校正記号の
使い方
第2版
原稿編集ルールブック 第2版
原稿編集
ルールブック
第2版

日本語表記
ルールブック
第2版

文字の組方
ルールブック
タテ組編

文字の組方
ルールブック
ヨコ組編

文字組版入門
第2版
印刷発注のための紙の資料
印刷発注のための
紙の資料
オンライン情報の学術利用
オンライン情報の
学術利用
文献探索入門
 

 

 
編集に役立つ「本」
標準編集必携
標準
編集必携
第2版
らくらく編集術
広報・雑誌づくりの
らくらく編集術
三訂版
デジタル原稿の編集技能
デジタル原稿
の編集技能
日本語表記ルールブック
日本語表記
ルールブック
第2版
原稿編集ルールブック 第2版
原稿編集
ルールブック


くわしいご注文方法はこちらをご覧ください

  定価合計1500円未満 定価合計1500円以上
代金引換の手数料/送料 530円 230円


書籍注文フォーム
 ※は入力必須項目
 ※フォームでご注文いただくと,お支払いは代金引換のみとなります
 ※ご注文後の流れはこちらをご参照ください(別ウィンドウが開きます)
■書名・冊数
デジタル原稿の編集技能
(定価 本体1,200円+税)商品No.355
■追加注文
 書名・冊数

*ほかにご注文がございましたら書名と冊数をご記入ください.
例)校正記号の使い方2冊
■氏名(漢字)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■氏名(かな)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■勤務先名称
*会社からのご注文の場合はご記入ください.
■メールアドレス
*返信用(携帯不可)
(半角)
*こちらのアドレス宛に確認・返信のメールをお送りします.
お間違いのないようご注意ください.
■郵便番号 (半角)
例)101-0061
■住所
都道府県からお願いします.

例)東京都千代田区三崎町2-4-6 古室ビル8階
■電話番号 (半角)
例)03-3263-5892
■メールニュース 送ってもよい  不要
■連絡事項
控えを送る(送信元へ写しを送信)

ご記入いただいたメールアドレス宛にご注文確定のメールをお送りします.


↑ このページのトップへ


出版部へ