書評・紹介記事検索(Books)刊行図書目録自費出版ご注文方法お問合せプライバシーポリシーPDF

こちらは日本エディタースクール出版部のページです
パソコンで絵を保存しよう 分野:絵本・児童文学・子ども論

パソコンで絵を保存しよう
絵画のデジタル保存と活用法ガイド
Windows XP 対応

戸原一男著

ISBN 4-88888-346-7 C2000
A5判並製160頁
定価 本体1400円+税
■ご注意ください■
 この商品は刊行より年数が経っており黄ばみや汚れがございます.
 なかでも状態の良いものから順にお選びしておりますので,
 ご了承くださいますようお願いいたします.
 

ご注文はこちら


 書評・紹介記事
●一覧はこちら→
■(『美育文化』2004年11月号)
(子どもが描いた絵を保存するのは)面倒だし,何より置き場に困るというのが実状だろう.だが,昨今のデジタル映像技術により,いつの間にかこの問題は解決されていた.本書はその具体的な方法について,丁寧に解説している.

■(「東京新聞」2004年10月2日(日))

子どもが描いた絵を,デジタルデータに変換し保存する方法を解説.スキャナーやデジタルカメラを利用し,パソコンのハードディスクに保存すると,退色も防げ,貴重な心の記録として半永久的に残せる.カレンダーや画集,Tシャツ印刷などの提案も楽しい.


 概 要

「パソコンで絵を保存?」
アナログである絵画は,これまで一般的にはデジタルの世界とはまったく縁遠いものであると考えられてきました.しかし本書では,絵画を効率的かつ簡易的に保存する手法として,デジタル化という新しい考え方を提唱します.とくに,子供たちが小さい頃に山のように描いている絵画(チラシの裏の悪戯書きも含みます)を保存するには,デジタル化が絶対に便利.どんな作品でも,保存スペースを心配することなく存分に溜め込むことができるからです.一度デジタル変換してしまうと,パソコンを活用して楽しみが無限に広がります.さあ,あなたも子供たちと一緒に絵画をデジタル変換して,手作り画集やポストカード制作,スライドショーや3D美術館といった遊びを体験してみませんか?(2004.8)

 目 次

第1章 なぜ絵画のデジタル保存が必要なのでしょうか
第2章 まずはデジタル変換してみよう
第3章 デジカメからパソコンへデータを転送する
第4章 作品データの画像処理を実行する
第5章 デジタル画像の整理と検索
第6章 絵画を使って印刷物を作成する
第7章 スライドショーを作成する
第8章 3D仮想美術館を作成する
第9章 さまざまなオンラインサービス

 著者紹介

戸原一男(とはら・かずお)
1961年,埼玉県生まれ.明治学院大学文学部英文科卒業後,広告代理店勤務を経て,社会福祉法人東京コロニーに.1998年よりデジタルメディアセンター所長,トーコロ情報処理センター職能開発室所長,アートビリティ代表を兼任.現在は,クリエイティブ集団・有限会社モアクリエイツ所属.フリーライターとしても活躍する一方,子供や知的障害者アートのデジタル保存化をテーマとした啓蒙活動を積極的に行っている.


くわしいご注文方法はこちらをご覧ください

  定価合計1500円未満 定価合計1500円以上
代金引換の手数料/送料 530円 230円


書籍注文フォーム
 ※は入力必須項目
 ※フォームでご注文いただくと,お支払いは代金引換のみとなります
 ※ご注文後の流れはこちらをご参照ください(別ウィンドウが開きます)
■書名・冊数
パソコンで絵を保存しよう
(定価 本体1400円+税)商品No.346
■追加注文
 書名・冊数

*ほかにご注文がございましたら書名と冊数をご記入ください.
例)校正記号の使い方2冊
■氏名(漢字)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■氏名(かな)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■勤務先名称
*会社からのご注文の場合はご記入ください.
■メールアドレス
*返信用(携帯不可)
(半角)
*こちらのアドレス宛に確認・返信のメールをお送りします.
お間違いのないようご注意ください.
■郵便番号 (半角)
例)101-0061
■住所
都道府県からお願いします.

例)東京都千代田区三崎町2-4-6 古室ビル8階
■電話番号 (半角)
例)03-3263-5892
■メールニュース 送ってもよい  不要
■連絡事項
控えを送る(送信元へ写しを送信)

ご記入いただいたメールアドレス宛にご注文確定のメールをお送りします.


↑ このページのトップへ


出版部へ