書評・紹介記事検索(Books)刊行図書目録自費出版ご注文方法お問合せプライバシーポリシーPDF

こちらは日本エディタースクール出版部のページです
分野:出版実務

広報・雑誌づくりのらくらく文章術
[新訂版]

西村良平(にしむら・りょうへい)著


ISBN4-88888-317-3
A5判並製208頁
定価 本体1500円+税



 概 要

すぐに役立つコツと,ワンランク上の文章をめざす簡単トレーニング法を紹介.
50の「チェックリスト」を使うと,自分の文章のクセや弱点を克服し,的確な原稿を書けるようになります.
(2001.10)


 目 次

第1章 文章に効く格言
 01 話すように書く
 02 トレーニングなら日記より手紙
 03 文章教室の宿題が楽しい
第2章 原稿執筆の大前提
 04 「だれに」伝えるのか
 05 読者はどんな人なのか
第3章 原稿執筆の出発点
 06 原稿執筆の三要件
 07 テーマとは執筆内容のポイント
 08 限られた字数で書けること
 09 締め切りをにらんだスケジュールづくり
 10 掲載号のあらましを知る
 11 ニュース記事か企画記事か
第4章 文章構成のスタイルと展開
 12 起承転結にしばられていないか
 13 逆ピラミッドと砂時計
 14 文章の入り口と出口
第5章 ニュース記事の構成要素
 15 5W1Hでニュース記事を書く
 16 WHYとHOWが記事の価値を高める
 17 書き手はだれか
第6章 読まれる文章の作成方法
 18 材料を集める,選ぶ,並べる
 19 シーン(場面)を描写する
 20 わかりやすい文章に必要なHOWとWHY
 21 読まれる文章の展開法
第7章 情報を集めて書く
 22 書店や図書館,インターネットで資料を集める
 23 基本知識こそ活用できる
 24 現場の取材では観察に力を入れる
 25 自分のネットワークを使って情報を得る
第8章 インタビューして記事を書く
 26 だれにインタビューするのか
 27 インタビューのすすめ方
 28 エピソードを聞き出す
 29 記事に書く・書かない
 30 メモのとり方を工夫する
 31 メモの整理をどうすすめる
 32 テープを無理なく活用する
 33 インタビュー記事のスタイル
第9章 文章表記のルールづくり
 34 自分の文章表記のルールづくり
 35 縦書きと横書きの選択
 36 表記のスタイルの基本ルール
 37 文体を統一する
 38 表記を統一する
 39 漢字とかなの使い分け
 40 語順と呼応の効果を知る
 41 あいまいな表現を避ける
 42 記号の使い方
 43 正誤の作業のポイント
 44 簡潔な表現にする
第10章 原稿を完成させる
 45 読者をひきつける見出しをつける

 46 タイプ別にリードを書く
 47 写真のキャプションを書く
 48 原稿の点検のポイント
 49 原稿を届ける
 50 校正を経て完成へ




 著者紹介

西村良平(にしむら・りょうへい)
編集者.1947年東京都生まれ.1989年4月より日本エディタースクール講師.実践女子短大日本語コミュニケーション学科講師,(社)日本経営協会講師.フリー編集者として,編集執筆,映像作品の企画等に関わる.
〔雑誌編集〕『現代農業特別号』(農文協)
〔書籍編集〕『こどものことば』(共編,晶文社),『「食」業おこし奮闘記』(農文協)
〔著書〕『広報・雑誌づくりのらくらく編集術』『広報・雑誌づくりのらくらく文章術』(日本エディタースクール出版部),『福祉広報誌編集ガイド』(共著,福利厚生センター)


 関連書籍
  らくらく文章術


ご注文はこちら


 
■オンライン書店で購入する
紀伊国屋書店ウェブストア
丸善&ジュンク堂
  ネットストア

hontoネットストア
Amazon.co.jp
セブンネット
楽天ブックス

らくらく編集術 西村良平著
『広報・雑誌づくりのらくらく編集術』
 
関連の講座

通信講座
「雑誌記事入門コース」
>>詳細はこちら


くわしいご注文方法はこちらをご覧ください

  定価合計1500円未満 定価合計1500円以上
代金引換の手数料/送料 530円 230円


書籍注文フォーム
 ※は入力必須項目
 ※フォームでご注文いただくと,お支払いは代金引換のみとなります
 ※ご注文後の流れはこちらをご参照ください(別ウィンドウが開きます)
■書名・冊数
広報・雑誌づくりの らくらく文章術
(定価 本体1500円+税)商品No.317
■追加注文
 書名・冊数

*ほかにご注文がございましたら書名と冊数をご記入ください.
例)校正記号の使い方2冊
■氏名(漢字)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■氏名(かな)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■勤務先名称
*会社からのご注文の場合はご記入ください.
■メールアドレス
*返信用(携帯不可)
(半角)
*こちらのアドレス宛に確認・返信のメールをお送りします.
お間違いのないようご注意ください.
■郵便番号 (半角)
例)101-0061
■住所
都道府県からお願いします.

例)東京都千代田区三崎町2-4-6 古室ビル8階
■電話番号 (半角)
例)03-3263-5892
■メールニュース 送ってもよい  不要
■連絡事項
控えを送る(送信元へ写しを送信)

ご記入いただいたメールアドレス宛にご注文確定のメールをお送りします.


↑ このページのトップへ


出版部へ