書評・紹介記事検索(Books)刊行図書目録自費出版ご注文方法お問合せプライバシーポリシーPDF

こちらは日本エディタースクール出版部のページです
校正技能検定についてはこちら
校正技能検定

分野:出版実務

校正記号の使い方 第2版
タテ組・ヨコ組・欧文組

日本エディタースクール編

ISBN978-4-88888-376-4 C2000
A5判並製40頁
定価 本体500円+税



 概 要

パソコンの普及で,だれもが校正記号を利用するようになっています.こうした利用の便を考え,標準的な校正記号をコンパクトにまとめ大好評のロングセラー.
(2007.10)



 目 次

縦組の校正記号
縦組校正の記入例
日本工業規格 校正記号表
横組の校正記号
横組校正の記入例
欧文の校正記号
欧文校正の記入例
   *
本の各部の名称,本の大きさ表見返し
ページの各部の名称,本の内容順序
図版・写真の製版例裏見返し
本の校正作業の流れ
文献表示の方法
ローマ字・ギリシャ字・ロシア字
ワープロ原稿作成上の注意点
印刷文字の書体,ケイ線類の名称と線の太さ
文字の大きさ(ポイント・級数)
ポイント・級数換算表
記号・符号などの種類と使い方
欧文の略語



  校正記号の使い方 第2版


ご注文はこちら


■オンライン書店で購入する
紀伊国屋書店ウェブストア
丸善&ジュンク堂
  ネットストア

hontoネットストア
Amazon.co.jp
セブンネット
楽天ブックス
 内容紹介

縦組の校正記号例

縦組の校正記号例
縦組校正の記入例

縦組校正の記入例

横組の校正記号例

横組の校正記号例
横組校正の記入例

横組校正の記入例

欧文校正の記入例

欧文校正の記入例


 関連書籍

標準 校正必携 第8版 日本エディタースクール編
『標準 校正必携 第2版』
校正練習帳1 日本エディタースクール編
『校正練習帳1 校正記号を使ってみよう[タテ組編]』
校正練習帳2 日本エディタースクール編
『校正練習帳2 校正記号を使ってみよう[ヨコ組編]』

関連のセミナーも開催

セミナー「体験 校正1日教室」>>詳細はこちら
   


 校正に役立つ「本」
『標準 校正必携 第8版』書影
標準
校正必携
第8版

実例 校正教室

校正記号の
使い方
第2版

校正練習帳(1)
校正記号を
使ってみよう タテ組編
校正練習帳(2)
校正練習帳(2)
校正記号を
使ってみよう ヨコ組編
レベル
 初心者〜プロ
用 途
 学習の参考に
 実務上の確認に
レベル
 初心者〜学習者
用 途
 校正を知る
  てがかりに
 学習の参考に
レベル
 初心者〜プロ
用 途
 学習の参考に
 実務上の確認に
レベル
 初心者
用 途
 校正を知る
  第一歩に
 学習の参考に
レベル
 初心者
用 途
 校正を知る
  第一歩に
 学習の参考に
新編 校正技術 講座テキスト版1
新編 校正技術
講座テキスト版1
新編 校正技術 講座テキスト版2
新編 校正技術
講座テキスト版2
新編 校正技術 講座テキスト版3
新編 校正技術
講座テキスト版3
新編 校正技術 講座テキスト版4
新編 校正技術
講座テキスト版4
 

レベル
 初心者〜プロ
用 途
 校正の全てを知る
 学習の参考に
 実務上の確認に

レベル
初心者〜プロ
用 途
校正の全てを知る
学習の参考に
実務上の確認に

レベル
初心者〜プロ
用 途
校正の全てを知る
学習の参考に
実務上の確認に

レベル
初心者〜プロ
用 途
校正の全てを知る
学習の参考に
実務上の確認に

原稿作成・原稿編集・組版・DTP・デザイン・校正に 500円シリーズ

本の知識


校正練習帳(1)
タテ組編

校正練習帳(2)
ヨコ組編

校正記号の
使い方
第2版
原稿編集ルールブック 第2版
原稿編集
ルールブック
第2版

日本語表記
ルールブック
第2版

文字の組方
ルールブック
タテ組編

文字の組方
ルールブック
ヨコ組編

文字組版入門
第2版
印刷発注のための紙の資料
印刷発注のための
紙の資料
オンライン情報の学術利用
オンライン情報の
学術利用
文献探索入門
 

 

 



くわしいご注文方法はこちらをご覧ください

  定価合計1500円未満 定価合計1500円以上
代金引換の手数料/送料 530円 230円


書籍注文フォーム
 ※は入力必須項目
 ※フォームでご注文いただくと,お支払いは代金引換のみとなります
 ※ご注文後の流れはこちらをご参照ください(別ウィンドウが開きます)

■書名・冊数

校正記号の使い方 第2版
(定価 本体500円+税)商品No.376
■追加注文
 書名・冊数

*ほかにご注文がございましたら書名と冊数をご記入ください.
例)校正記号の使い方2冊
■氏名(漢字)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■氏名(かな)
*氏名の間を1字あけてください.
例)○○ △△△
■勤務先名称
*会社からのご注文の場合はご記入ください.
■メールアドレス
*返信用(携帯不可)
(半角)
*こちらのアドレス宛に確認・返信のメールをお送りします.
お間違いのないようご注意ください.
■郵便番号 (半角)
例)101-0061
■住所
都道府県からお願いします.

例)東京都千代田区三崎町2-4-6 古室ビル8階
■電話番号 (半角)
例)03-3263-5892
■メールニュース 送ってもよい  不要
■連絡事項
控えを送る(送信元へ写しを送信)

ご記入いただいたメールアドレス宛にご注文確定のメールをお送りします.


↑ このページのトップへ


出版部へ